アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
スタッフ一覧

東京事務所

2017年7月27日 更新

※似顔絵の記事は、JVC会報誌に掲載されたものです。今後順次公開予定です。

谷山 博史
代表理事

【プロフィール】東京都出身。86年にJVCに参加し、カオイダン難民キャンプで技術学校を担当する。その後タイ、ラオス、カンボジアでの駐在を経て、94年からJVC東京事務所にて事務局長となる。その後02年から再び現地駐在、JVCアフガニスタン現地代表となる。この間、地域の国際協力推進会議(CDI-Japan)、NGO非戦ネットなどのネットワーキングに関わる。06年帰国し、現職。
【著作】 『NGOの選択』(めこん・共著、2005)、『NGOの時代』(めこん・共著、2000)、『「積極的平和主義」は、紛争地になにをもたらすか?!-NGOからの警鐘-』(合同出版・編著、2015)など
【他の役職】 国際協力NGOセンター(JANIC)理事長
【2016年一番の思い出】辺野古・高江に通って6年目。今年の正月は今帰仁の浜で思いっきり三線を弾きました。

『俺も農業やってんだけどさ~』
(会報誌の記事「スタッフのひとりごと」より)
自宅のある高円寺で、
今年から阿波踊りを始めた。
私の持ち場は...

磯田 厚子
副代表

【プロフィール】東京都出身。アジア、アフリカの雄大な自然と、その中で調和のとれた伝統的暮らしとその知恵に感動、日本の人々が抱くアジア、アフリカのイメージがもっと豊かで躍動的なものになるよう、現地の状況を伝えたいと思うようになる。開発や援助が自然を破壊し、地元の人々の暮らしや文化、知恵を破壊している現状を伝え、援助側にいる者として「開発」「援助」のあり方を皆さんとともに考えたいと思っています。
【著作】『メコン川流域の開発と人々』(JVC・共著、1995)、『小規模社会開発とプロジェクト評価』(国際開発ジャーナル社・共著、2003)、『国内・海外の地域づくりの最前線』(共著)など。
【他の役職】 女子栄養大学教授
【2016年一番の思い出】母の大腿骨折で、初めて介護保険申請。家の改装や介護の仕組みを知った。良くない?
長谷部 貴俊
事務局長

【プロフィール】福島県出身。県立福島高校卒。学部生時代は日本国内の外国人労働者支援に取り組み、大学院修士課程では農村開発を専攻する。他NGO勤務を経て、05年6月よりJVCに参加。アフガニスタン事業担当を経て、08年1月よりアフガニスタン現地代表を兼任。現地での事業運営と政府への提言活動などを行う。12年より現職。
【他の役職】つながっぺ南相馬理事。日本平和学会国際交流委員
【著作】『「テロとの戦い」とNGO』(終わりなき戦争に抗う・新評論、2014)など
【2016年一番の思い出】娘が第一希望の高校に入学できたこと。
細野 純也
事務局次長

【プロフィール】埼玉県出身。前職のSI企業勤務時の北米出張時に9.11が発生。その後の米国政府の迅速すぎる犯人の特定や有無を言わせない報復攻撃への世論形成などに違和感を感じて、国際協力の分野に興味を持つ。その後、ボランティアを経て2003年にJVCに会報誌編集/総務担当として参加。前職での技術を活かして現地の人々とつながれれば、と思う。2014年より現職、主に労務面の整備を担当中。
【2016年一番の思い出】UEFA CLや五輪から極東の島国の都リーグ2部まで、それぞれにサッカーの楽しみがあることを実感。
20170713-imai.jpg 今井 高樹
南スーダン緊急支援担当/人道支援・平和構築グループマネージャー

【出身】東京都生まれ
【プロフィール】会社員生活のかたわらJVCの活動にボランティアとして関わる。2004年に会社を退職、アメリカの公立小学校にインターンとして勤務したのち、2007年5月よりJVCスーダン現地代表。スーダン南部自治領(現南スーダン)のジュバに3 年にわたり駐在。2010年よりスーダン(北部)の南コルドファン州に移動、2011年6月の紛争勃発後は首都ハルツームに駐在する。 2017年4月に帰国、現職。
【2016年一番の思い出】十年前に難民キャンプから南スーダンに帰還してJVCの研修を受けた若者たちとの再会。

『結婚しないにはわけがある?』
(JVC会報誌の記事「スタッフのひとりごと」より)
いい歳をして独り身でいる私に、スーダンの友人たちは驚きを隠さない。道端のお茶屋で...

小野山 亮
アフガニスタン事業統括

【プロフィール】福岡県出身。スリランカ駐在での内戦や津波からの復興支援、インドやフィリピンなどでの生活支援、提言活動などに従事してきました。世界中にある数々の紛争、争い。何とか解決できないのでしょうか。政府でも国際機関でも、組織や団体でも、そして一人の市民でも、それぞれにできることが あるハズ・・ですよね。そんな気持ちから、これまで主に、平和、民族などの分野に関わり、市民としての立ち位置で現場に寄り添うような活動を行なうNGOの世界に身を置いてきました。2012年7月よりJVCに参加、現職。
【他の役職】立教大学兼任講師(民族紛争と平和)
【2016年一番の思い出】黄金のアフガニスタン展と黄金の平泉に行く。文明が行き交う。両者もつながっている。

『たたかうならスポーツで!』
(会報誌の記事「スタッフのひとりごと」より)
先日、アフガニスタンでの活動を行なう別のNGOの皆さんと「いっしょに卓球をしよう!」という話になって、体育館の設備を借りたことがありました。

加藤 真希
アフガニスタン事業担当

【プロフィール】和歌山県出身。高校生の時にラテンアメリカの情熱的な雰囲気に漠然とした憧れを抱き、同時に格差や貧困の状況に関心を持つ。大学生だった2008年度に調査研究・政策提言インターンとしてJVCに関わったのをきっかけに、"国際協力"と"NGO"の世界に足を踏み入れる。大学卒業後はメキシコに渡り、先住民族地域でフィールドワークを行いながら地域開発学を学ぶ。その後、メキシコの現地NPOで活動する中で、子どもたちが成長するにつれ夢を持つことが制限されていく社会構造をどうしたら改善できるのか悩む。帰国後の2012年度から現職となり、イスラムの世界やアフガニスタン情勢を勉強中。
【2016年一番の思い出】甘酒が好きになり、自分でも米とこうじから美味しく作れることに気づいたこと。
te_hitorigoto_kato1.gif

『見知らぬ花束』
(会報誌の記事「スタッフのひとりごと」より)
先日、外出中に携帯電話が鳴って、
出ると宅配の人からだった。
「お花が届いているのですが...

竹村 謙一
アフガニスタン事業担当

【プロフィール】宮城県出身。長年、高圧実験物理学に従事し、元素の高圧力下の結晶構造変化を研究する。5年前に定年退職、その後も国際的な関わりを持ちたいと2015年度JVCインターンに応募。(自分にとって)未知の世界を知りたいという好奇心(研究にも通じる)からアフガニスタン事業を選ぶ。翌年にはJVC英語ボランティアチームを立ち上げて英語サイトの充実に関わってきた。2017年6月よりアフガニスタン事業担当。週末には貸し農園で野菜栽培にいそしむ。リコーダー演奏が趣味。
2015kobayashi.jpg 小林 麗子
スーダン事業担当

【プロフィール】埼玉県出身。大学卒業後、一般企業に就職。人種・民族問題への関心から、退職し社会学修士課程へ進学する。2005年に他のNGOで財務会計担当の職に就き、念願の国際協力に携わるようになる。2015年7月から現職。紛争などによって難民・避難民となった方々に、外部者として、どのように関わり寄り添うことができるのか、学び考えながら支援活動に関わっていきたいです。
【2016年一番の思い出】息子が新しい保育園にも慣れて、日々元気ですくすく成長してくれたこと。
並木 麻衣
パレスチナ事業担当

【プロフィール】東京都出身、福岡・大阪・宮城・千葉育ち(千葉県立東葛飾高校卒)。イラク戦争のニュースを見て「紛争下でもたくましく生きる人々の素顔を探しに行きたい」と思い、大学でアラビア語と平和構築を専攻。授業で知った"紛争地"パレスチナで暮らしてみたくなり、2006年から1年間パレスチナ・イスラエルへ留学。現地に友人が増え、紛争の両側で生きる人々が抱える問題に直に触れ「日本からできることは何だろう」と悩みを深めて帰国。大学卒業後はITベンチャー、経理、大学などで働き、スーダン障がい者支援NGO事務局長職を経て、2013年7月からパレスチナ事業担当に。人々の等身大の姿と体温を伝えたいと願いながら、日本とパレスチナの人々が繋がる事業を目指して日々奮闘しています。パレスチナ事業専用Facebookも更新中!
【2016年一番の思い出】半年の駐在を終え帰国した私。2歳の娘はママを忘れず、抱きついて喜んでくれました。

『中東男子との恋愛攻防戦』
(会報誌の記事「スタッフのひとりごと」より)
以前、パレスチナに留学していました。
「治安は大丈夫だった?」
と方々で聞かれますが、...

池田 未樹
イラク事業担当/アフガニスタン事業担当

【プロフィール】岡山県生まれ。一冊の本との出会いで国際協力に興味を持ち、ニュージーランドでインターンとして働くが、困っている人々の役に立ちたいという思いだけで、自分に専門的知識、スキルがなければ国際協力、他人を助けることは出来ないということに気づき挫折感とともに帰国。思い悩んだ結果、直接自分が支援できなくても支援団体の財務を裏方で支えることで間接的にでも国際協力ができるとの思いに至り、JVCに参加。14年よりイラク事業兼務。JVCの活動を通じて「傍観者」から「当事者」へ、「周囲から獲得する」人生から「周囲に良い影響を与える」人生にシフトさせるため、自分の心も成長させていきたいと考えています。
【2016年一番の思い出】お隣の神社の夏祭りにマーガレットと出演! え、音痴やのに!? 私はウクレレ演奏~。

『拝啓 愛しのあなた』
(会報誌の記事「スタッフのひとりごと」より)
「長い間ほんまありがとう、
今日でもう俺ら終りやな」
思い出せば長いもので...

稲見 由美子
経理担当

【プロフィール】埼玉県出身。89年東京グリーンウォークをきっかけにJVCに参加。「ボランティアって楽しい!」と感じ、以降、JVCエチオピアボランティアチームに参加。それまでは「国際協力?」「ボランティア?」と興味も関心もまったくありませんでした。91年、夫とともにベトナム北部の港町ハイフォン事務所にて帰還難民への職業訓練、障がい児支援などに携わり、帰国。93年~95年会員担当、ラオス・ベトナム担当補佐。その後出産し、やんちゃな3人の男児に振り回される日々に突入。01年~某NGOにてベトナム事業&ベトナム料理教室を担当。08年、JVCに復帰し現職。子どもたちのおかげで、少年サッカーの副審ができたり、PTA活動にも詳しくなりました。息子の浪人(大学受験)をきっかけに、複雑な親心にも精通!
【2016年一番の思い出】4年間の受験生の母生活から開放され、家族が大病もせず過ごせたこと。
中原 和江
経理担当

【プロフィール】東京都出身。長年、民間で会計という仕事に携わり、国際協力とは無縁で生きてきました。子育てがひと段落したところで、少しでも国際協力の現場に関われたら、という思いで、JVCの会計ボランティアチームに参加。縁あって2015年9月より現職。子どもの頃、自分と同じ年齢くらいの子ども達が、戦争や災害で命を落としたり、栄養失調で苦しむ映像にショックを受け、国際協力に興味を持ったことが原点。自身も子どもをもつようになり、命の大切さをひしと感じ、子どもたちの未来が平和であるように、少しでも社会に貢献し残りの人生を生きていきたいという思いで活動中。
【2016年一番の思い出】何と言っても、カンボジア・ラオスの活動地に行き、沢山の方や自然に出会えた事です!!
20161212-1-2.gif

猫じゃありません、家族です
(会報誌の記事「スタッフのひとりごと」より)
娘が3才の頃、2人目を流産してしまった。たまたま、知り合いが子猫の里親を探していたので、寂しさついでに娘と見に行った...

白川 徹
震災支援担当(福島県南相馬市)※今年度前半は育休中

【プロフィール】東京都出身。1984年生まれ。オーストラリア留学後、フリーランスのジャーナリストとして活動を開始する。アジアプレス・インターナショナル所属。アフガニスタンを継続的に取材する中で、現地でJVCと出会う。紛争地のほか、日本の貧困問題やチベット問題を取材。テレビ、ラジオ、新聞、雑誌など各種メディアにて発表を行う。2011年の東日本大震災を機にJVCに参加。南相馬事業担当として災害FM支援、仮設住宅支援を行う。
【著作】『悲しきアフガンの美しい人々』(アストラ、2011)
【2016年一番の思い出】 息子が誕生しました。そのかわいさに毎日キュン!としています。

『スマート≠賢い』
(会報誌の記事「スタッフのひとりごと」より)
「スマートフォン(スマホ)」を買ってみた。
携帯電話にパソコンの機能を
付加したようなもので、...

20160704-iwata.jpg 岩田 健一郎
気仙沼事業統括

【出身】愛知県生まれ
【プロフィール】大学在学中に一年間休学して日本各地の農場で農作業に従事。卒業後は他NGOで活動しながら、JVCにもボランティアとして関わる。JVCが募集した気仙沼でのボランティア活動(2011年5月)に参加。同年6月より気仙沼事務所にて震災支援担当に。2014年11月より現地代表。2017年7月より現職。
【2016年一番の思い出】 福岡県直方市と徳島県牟岐町に足を運んだ新婚旅行。日本の地域は本当に奥深い!

『手』
(JVC会報誌の記事「スタッフのひとりごと」より)
はたらけど はたらけど
猶わが生活
楽にならざりぢっと手を見る...

木村 茂
ラオス事業担当

【プロフィール】東京都出身。学生時代にタイやチベットなどを旅したことで、様々な自然環境下に生きる人たちのくらしを知ったり、自分と違う文化もつ人々と関わることの面白さを知る。タイ農村のくらしや土地制度などについて学んだ後、東京や大阪の大学で地理学などの講義を担当。2003年、農村に直接関わる仕事がしたくてJVCに就職し、北タイで調査事業を担当。04年、"Link~森と水と人をつなぐ会"を設立。チェンマイを拠点に、農村住民自身による森林保全を柱とした村おこし活動を支援したり、日本人などがタイの農村における地域おこしや環境保全活動の経験に学ぶツアーを企画。15年、Linkを解散し、同10月よりJVCに戻り東京事務所でラオス事業を担当。
【著作】『国境を超えた村おこし』(NTT出版・共著、 2007)、『村を知る』(タイ語)(Link、2015)、ほか。
【2016年一番の思い出】タイとラオスの歴史に影響を与えてきた英・仏の首都を訪れることができたこと。
20160627-watanabe.jpg 渡辺 直子
南アフリカ事業担当 /地域開発グループマネージャー

【プロフィール】愛知県出身。大学卒業後、ボランティア活動をしながら海外を放浪、その後イギリスの環境保護NGO勤務、日本の大学院を経て2005年南アフリカ事業担当としてJVCへ。高校生のときに見た湾岸戦争の映像にショックを受け、紛争のない世の中になってほしい、「こんな社会を変えたい」と強く思ったことが原点。JVCに来てからは、たとえば農業の活動を通じて、「収入」や「生産量」というようなデータでは測れない、「安心」や「誇り」が現地の人たちにもたらす喜びや幸せを支えていける社会をどうやってつくっていけるのか・・・といったことを南アフリカの人たちに学びつつ模索中。2009年から南アフリカHIV/エイズプロジェクトマネージャー、2010年より同国現地代表を経て、2012年度より再び現職。日本のODAによる「プロサバンナ事業(農業開発)」で現地モザンビークの小規模農家たちが事業に反対。この課題に取り組むための日本政府に対するアドボカシー活動も行う。2017年度より地域開発グループマネージャー。
【2016年一番の思い出】飼い猫が、はからずも3匹→7匹に増えたこと...? 大変だけど日々幸せを感じています。
下田 寛典
タイ事業担当

【プロフィール】兵庫県生まれ。大学在学中に1年間、JVCの「タイのNGOで学ぶインターンシップ」プログラムに参加。卒業後、インターン先で再度ボランティアとして活動を続けたが、その年の暮れにスマトラ沖津波がその近くの村を襲う。他人事とは思えず、一時帰国中、「仲間たちのために何かできることはないか」と考えJVCに参加。その後、タイ事業と、主に緊急支援事業を兼務。
【2016年一番の思い出】誕生日のことを伝えてないのに会話の端々でそれと悟ったお店からケーキのプレゼント!
大村 真理子
広報担当

【プロフィール】神奈川県出身。幼少期をバングラデシュ、小学校時代をシンガポールで過ごす。小さな頃から世界の文化の多様さに惹きこまれ、「世界中のどこに行ってもその土地の文化と、自分の技術で生活できるように」と美容師になる。その後、紛争による飢餓や世界の抱える様々な問題を報道を通して見るうちに、「自分に何かできることはないのか」という思いが強くなり、13年度JVC広報インターンに応募。その後カレンダー担当を経て、15年3月より現職。広報担当として、世界で起きていることやJVCの活動を伝え、国際協力に参加する人を増やしたい!と強く思っています。東南アジアのジリジリした暑さと、開放的な雰囲気が大好き。
【2016年一番の思い出】ずっと行きたかった国立民族学博物館に行けたこと! 興奮しすぎて大変でした。

『日本人は「外国人」?』
(会報誌の記事「スタッフのひとりごと」より)
小学校時代はシンガポールで過ごしました。年中真夏、赤道直下の多民族国家。

20160620-miyanishi.jpg 宮西 有紀
会員・支援者担当/広報グループマネージャー

【プロフィール】神奈川県出身。大学時代、社会運動史を学び、卒論は日韓関係をテーマに執筆。大学を卒業後、移動体通信(ポケットベル)会社勤務を経て、この13年間はポータルサイトでインターネット広告に従事。最後は「人間アドサーバー」とまで呼ばれました。2017年度より広報グループマネージャー。趣味は19年続けているタップダンス。タップをもっとメジャーにしたい!
【2016年一番の思い出】待ちに待った夏休み! 目が覚めたら乗る予定だった新幹線が出発したあとだった。笑。
te_hitorigoto_minanishi1.gif

『先生の記憶と生徒の思い出』
(会報誌の記事「スタッフのひとりごと」より)
だいぶ前に見たテレビで
こんな場面がありました。
ある先生の出張授業。...

20160620-ishikawa.jpg 石川 朋子
コンサート事務局

【プロフィール】愛媛県出身。「何かボランティアしたいなぁ」と、単純に国際協力へのあこがれを抱き大学進学とともに上京。たまたま学内で開催されていた「JVC国際協力コンサート」を聴きに行き、それをきっかけにJVC会員に。その後、会社勤めのかたわら東京事務所でイベントサポート等、ボランティア活動を開始。退職後、JVCエチオピア事務所を訪問し、そのまま居座ること約2年。帰国後、2002年よりJVCコンサート事務局担当に。「合唱団員を増やすには?企業支援をもらうには?もっと多くの方にチケットを売るには?」日々、頭を悩ませながら、コンサートでJVCの活動現場を支えるべく奮闘中。10年、14年に産休・育休を取得し、15年より復帰。JVC国際協力コンサート専用Facebookも更新中!
【2016年一番の思い出】保育士試験に合格! したら、家族が「よくがんばった、すごい!」とほめてくれたこと。 

『産休中も大忙し。』
(会報誌の記事「スタッフのひとりごと」より)
「赤ちゃんできたかも...」。
そう感じたのは、
年明けすぐの頃。...

仁茂田 芳枝
カレンダー事務局

【プロフィール】東京都出身。学生時代から漠然と国際協力への関心はあったものの、大学卒業後は約10年間映像制作業に携わる。結婚を機に退職後、国際協力への関心が再燃、JVCのYENボランティアチームに所属。他のNGOでもアルバイト等を経験した後、16年度JVC広報インターンに応募。17年1月より現職。素敵なカレンダーをつくって少しでも多くの方にカレンダーが届くこと、そしてカレンダーがJVCや国際協力をつなぐ橋渡しとなることを目指して精進します。JVCが取り組む様々な課題を「他人事ではない」、「自分たちで変えよう」と感じていただくことで、国際協力の輪を日本国内に広げていくのが目標。
【2016年一番の思い出】野外音楽イベント「フジロック」に行ったこと。最高の仲間と最高の時を過ごせました。

(2017年7月27日現在、随時更新中です)

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net