アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
南アフリカでの活動

民主化から17年 経済成長と格差拡大

南アフリカ事業担当・現地代表兼任 渡辺 直子
2011年5月16日 更新
1994年にアパルトヘイト(人種隔離政策)が撤廃。初めての全人種参加の総選挙が行われた。1994年にアパルトヘイト(人種隔離政策)が撤廃。初めての全人種参加の総選挙が行われた。

1994年のアパルトヘイト(人種隔離政策)撤廃後から17年、南アフリカでは順調な経済成長を遂げる一方、貧富の差が拡大してきました。結果として失業率は高くなり、貧しい人びとの生活はさらに困難になったとも言われています。新たにHIV/エイズという課題も浮上しています。

アパルトヘイトから民主化へ 豊富な資源による経済成長

2010年にはアフリカ大陸発のサッカーW杯も開催された。2010年にはアフリカ大陸発のサッカーW杯も開催された。

1994年の民主化後、南アフリカはあらゆる人種が融和した「虹の国」づくりを目指してきました。それまで自らの意思で自分たちの将来を決めることができなかった黒人たちも教育の機会、職業選択の自由などあらゆる自由を手にしました。2000年以降は豊富な鉱物資源を背景に順調な経済発展を遂げ、2010年6月にはアフリカ大陸初のワールドカップも開催されています。

格差拡大 「世界の縮図」南アフリカ

発展した都市部。発展した都市部。
そしてスラム。世界一とも言われる格差社会。そしてスラム。世界一とも言われる格差社会。

しかし実際にはそれまで教育の機会を与えてこられなかった黒人たちの間で雇用の機会を得られた人は一握りにすぎません。黒人間の失業率は60%にも上り、一国の中に「南北」格差が凝縮するような構造がいまだ色濃く残っています。貧しい人たちが経済成長の恩恵を受けることなく、物価高騰にともない状況がより困難になるなかで、南アフリカにはドラッグ、アルコール、犯罪、失業、HIV/エイズ、食料不足、孤児など直面する社会的課題が多く残されています。世界一とされる格差社会を指して南アフリカは「世界の縮図」とも言われています。

新たな課題 HIV/エイズ

エイズ治療薬(ARV)は入手できるようになったものの、課題も多い。エイズ治療薬(ARV)は入手できるようになったものの、課題も多い。

民主化後の復興を遂げるいっぽうで、1990年代後半からはHIV/エイズという新たな課題が浮上してきました。1999年のムベキ政権以降、この課題に対して有効な手がうたれぬまま感染が広がり続けています。現在一国内としては世界最多の570万人が感染しています。

民主化後の経済成長のかたわら、貧困層を取り巻く状況が以前より厳しくなったとも言われる南アフリカ。アパルトヘイトが撤廃され、あらゆる人が自由を得た現在も、なぜ課題が残されたままなのでしょうか。
外部環境に影響される不安定な生活基盤/「エイズ」という新たな差別

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
9ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net