アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
  • HOME >
  • イベント情報

イベント情報

JVCのイベント情報を掲載しています。

また、団体の活動・特徴についてや国際協力への参加の方法をお伝えする「オリエンテーション」を毎月開催しています。今後のスケジュール・ご参加申し込みはこちらをご覧ください。

タリバンが権力を掌握したアフガニスタンでは、「女性の権利が守られるか」が国際社会の関心を集めています。

タリバンは、女性の権利を「シャリーア(イスラム法)の範囲内で尊重する」と表明しましたが、女性への権利侵害の事例がメディアでは大きく報道されています。その一方で、女性の就労が認められ、NGOなどによる女性を対象とする識字教室の活動が再開されるといった事例も報告されています。いったい、私たちは現地の状況をどう考えればよいのでしょうか?

そもそも、アフガニスタンでの女性への人権抑圧は、「タリバンが悪い」とだけ理解すればよいものなのでしょうか?20年前のアフガニスタン攻撃では「タリバンから女性を解放する」ことが軍事攻撃の正当化に使われました。

しかし、問題はそんなに単純だったのでしょうか?このイベントでは、お二人の登壇者を招いて、多角的な視点から考えていきたいと思います。

アフガニスタンの現場から:

農村部での女性を中心とした識字教室をJVCから引き継いで実施しているYour Voice Organization(YVO)副代表のアブドゥル・ワハーブさん

  • 女子教育の現状や、識字教室を通じた地域の人びとの意識の変化について
  • タリバンの権力掌握以降の活動一時停止、その後の交渉による活動再開の許可など、タリバンとの話し合いの様子や活動の現状について

※ワハーブさんのお話には逐次通訳が付きます。

アフガニスタンのジェンダーに基づく暴力についての研究者の視点から:

現地の女性団体RAWA(アフガニスタン女性革命協会)を支援している清末愛砂さん

  • 現地の女性を取り巻く状況について歴史的な背景や変遷について
  • 現地の状況の多様性・多面性、タリバン権力掌握以降の状況をどう考えるか

皆さまのご参加をお待ちしております。

日時

2021年10月19日(火) 20:00〜21:30

*その後、お残りいただける方と22:00まで質疑応答を継続いたします

1013イベントトップ画像.pngのサムネイル画像

10月4日から実施する日本国際ボランティアセンター(JVC)のクラウドファンディングキックオフイベントとして開催される今回のイベント。

今回は、国際協力の現場に携わる人たちしか見るのことのできない「支援を受ける人たちがどのように変わっていったのか?」にフォーカスします。

日本国際ボランティアセンター(JVC)では、世界5か国の事業地で「未来を決める力」をすべての人が持てるよう、活動を続けています。

紛争の中でふるさとを追われ、学校に通うことができない子どもたち。

大規模な開発のはざまで、自然と共存する暮らしを奪われる人たち。

私たちJVCが応援してきたのは、そんな 「未来を決める力を奪われる危機にある人たち」です。自分の人生の行く先を、紛争や差別、 誰かの利権によって決められてしまうのは、おかしい。

理不尽を見過ごすことができない、それが私たちの原点です。

そんな私たちJVCの活動の三つの事業地、 スーダン/南スーダン・パレスチナ・南アフリカの事業担当者が登壇し、 現地で活動していて現地の人たちから「未来を決める力」を感じた瞬間についてクロストークします。

支援をする側・される側、ではなく、現場で彼らの強さ・パワーに触れてきた 担当者だからこその想いやエピソードを、じっくりお聞きいただける機会です。

ストーリーから垣間見える、国際協力の現場のリアルをぜひ感じてみてください!

日時 2021年10月13日 (水) 20:30~22:00

JVCが参加団体である「南北コリアと日本のともだち展」実行委員会の、韓国側パートナーである「オリニオッケドンム」が主催するオンライン博覧会が開催されます。ぜひオンラインで御覧ください。

以下、主催者広報分です。

韓国のパートナー団体・(社)オリニオッケドンムの主催する「2021平和教育オンライン博覧会」が10月中旬に開催されます。平和教育に関心のある教員、市民、研究者などを対象に、平和教育への取り組みや教材の紹介、映像や絵画展示、海外ゲスト登壇のセミナーなど、さまざまなプログラムが準備されています。この期間中、日本から『へいわって どんなこと?』の作者である絵本作家の浜田桂子さんも登壇します。催し自体は韓国語がメインですが、浜田さんの回は通訳が予定されていますので、ぜひご注目ください。

日時 2021年10月12日 (火)~2021年10月16日

10月9日(土)に開催されるフォーラムの第三部に、JVCエルサレム事務所駐在員の山村が登壇します。他にも、ジャーナリストの古居みずえさん、研究者の長沢栄治さん、南部真喜子さん、国連パレスチナ難民救済事業機関保健局長の清田明宏さんなど、さまざまな分野でパレスチナに関わる方々が登壇され、それぞれの違った視点からパレスチナのことを知ることができる機会ですので、ぜひご参加ください。

【以下、イベント主催者広報分】

世界中の人々が新型コロナウイルスの感染により不安を抱えて生活をしている中で、紛争地ではワクチンや薬は足りているのか、戦禍の中で被害を受けた人たちはどのような暮らしをしているかということが心配です。
世界の人々が安全・安心に生活をおくるには、平和を阻害する要因としての紛争解決、および生命を脅かす新型コロナウイルスの感染拡大を阻止するための国家間・地域間格差の解消が必要となります。そこで、紛争解決に係わる方、難民支援に係わる方、大学の機関、国連職員、研究者、ジャーナリストなどの報告を聞いて考える場を設けます。

日時 2021年10月 9日 (土)

※このイベントは10/1から10/5に延期になりました。

20211001-burma-myanmar.png

◆日にち:2021年10月1日(金)→5日(火)に延期
◆時間:18:30~19:30 
◆場所:官邸前(国会議事堂前)

※少雨決行
※10/5に延期になりました
※ご参加の方はマスク着用や手指消毒など、新型コロナウイルス感染対策へのご協力をお願いします。

国軍によるクーデターが発生してから10月1日で8ヶ月目を迎えるミャンマー。この間、ミャンマー国軍による苛烈な暴力により子どもを含む1,100名以上の市民が命を奪われ、8,400名近くが不当に逮捕されました。6,700名以上は今も拘束されたままです。また、少数民族地域で繰り返されてきた空爆や砲撃など、国軍の残忍な行為は25万人以上の国内避難民を生み出しています。新型コロナウイルス感染拡大の第三波にミャンマー全体が見舞われた中、人道危機も深まるばかりです。

しかし、このような困難な状況にあっても、ミャンマー市民の意思は依然として明確です。未来のために民主主義と自由を希求し、命がけの闘いを止めようとはしていません。

私たちはクーデター以降、ミャンマーの情勢が一刻も早く改善され、ミャンマー市民の目指す民主主義の実現に向けて少しでも支援になればと考え、ミャンマーで経済協力やビジネスを行ってきた日本政府や企業に対し、「ミャンマー国軍の資金源を着実に断つ」よう求めています。

大変残念なことに、この8ヶ月間、日本政府も企業も国軍を利する可能性のある事業/ビジネスについて、「資金源を断つ」具体的かつ有効な措置を打ち出すどころか、なし崩し的に事業/ビジネスを続けているのが現状です。

外務省は、ミャンマーにおける民政化プロセス以降、累積で1兆円を超える円借款契約を結び、継続案件の貸付を続けています。ミャンマー国軍系の企業が建設工事の下請けに入っていたことが判明している「バゴー橋建設事業」に関し、最終的にどのような措置がとられたのか、また、日本の官民がミャンマー政府機関と共同運営している「ティラワ経済特別区開発事業」の配当金の支払いなどに関し、どのような措置をとった/とるのか、公に説明はありません。ミャンマーの事態が改善せず経済が停滞する中、日本からの莫大な借款への返済義務をミャンマー市民に負わせる正当性があるのかについても議論を始めるべきです。

国際協力銀行(JBIC)の監督官庁である財務省は、ミャンマー陸軍の土地で建設中の「ヤンゴン博物館跡地再開発プロジェクト」(通称Yコンプレックス)事業について、JBICが依然融資を続けていることに関し何ら判断を示していません。

国土交通省は、自らが監督する海外交通・都市開発事業支援機構(JOIN)がミャンマーで出資し、国軍を利する可能性が指摘されている「Yコンプレックス事業」「ヤンキン都市開発事業」、「ランドマーク・プロジェクト」など5案件について、これまで何ら説明をしていません。

経済産業省は、軍政下だった2000年から生産を開始し、ミャンマー国軍の大きな収入源の一つになったと見られる「イェタグン・ガス田開発」に出資者として関与してきました。今年2月のクーデター発生後、4月には技術的な問題でガスの生産は停止されていました。しかし、その後、配当金や税金など各種支払いが国軍を利する可能性があるのではないかという日本の市民社会の懸念にもかかわらず、何ら措置を講じることなく、7月には生産が開始されていたことが判明しました。8月からは、新型コロナウイルス感染拡大の第三波の影響でガス生産が再停止されているとのことですが、これは一時的な停止に過ぎず、いつ、このまま対策が打ち出されることもなくガスの生産が再開されるか、予断を許さない状況です。

これら公的資金の恩恵を受けて各事業を実施してきた日本の企業も、国軍を利する可能性のあるビジネスにおいて、結局、何ら具体的な措置を示さないまま、ビジネスを継続してきています。

日本政府がこの8ヶ月間繰り返している判で押したような回答はもう要りません。10月に発足する新政権には、ミャンマー市民からの切実な訴えに耳を傾けるとともに、多大な経済支援をミャンマーに振り向けてきた日本政府としての責任ある態度をただちに示すよう、強く要請します。

日時 2021年10月 5日 (火) 18:30~19:30

旅行会社のHIS(エイチ・アイ・エス)さんのパレスチナ・スタディーツアー、ご好評いただいており、第5回目の開催が決まりました!現地駐在中の山村が、みなさまの質問にお答えしながらイスラエル・パレスチナの問題と現状についてお伝えいたします。

申込の際に質問を送ることもできますので、観光から、現地での日常生活、現地の人びとを取り巻く状況など、なんでもご質問いただけたらと思います。奮ってご参加ください!

(※基本的な内容は毎回ほぼ同一ですが、その時の情勢などによって若干の変更があります)

~以下イベントページより~

アメリカ大統領選挙でも常に重要視されている中東政策。
その中でも特に注目となっているのがイスラエル・パレスチナ問題です。

西岸・ガザ地区占領から70年、ガザ地区封鎖から10年以上が経つ現在。
今もなお、パレスチナの人々は占領・入植や爆撃、移動の制限によって人間としての基本的な生活・権利が脅かされ、時には命の危機を感じながら日々暮らしている状況にあり、「見えない監獄にいるよう」とたとえられることも。

離散(ディアスポラ)や差別、第2次世界大戦中アウシュヴィッツ強制収容所での虐殺(ホロコースト)を経験し、故郷を追われ迫害されることの「痛み」「辛さ」を誰よりも知っているはずのユダヤ人が、なぜパレスチナ人に対してガザ襲撃やヨルダン川西岸地区の入植といった行動を率先して行っているのか。

現地では実際、どのような暮らしをしているのか。どのような実態があるのか。
パレスチナの現状を知ることで、「正しさ」とは何か、「人間」とは何か、「社会」や「国」「平和」「共生」が何かを考え直してみませんか?

    【こんな方におすすめ】
  • 中近東の旅に興味がある方
  • ダークツーリズムに興味がある方
  • 歴史・世界史の学び直しをしたい方
  • イスラエルまたはパレスチナに行ったことがある/行きたいと思っている方
  • 旅行自粛中も旅行気分を味わいたい方

日時 2021年10月 3日 (日) 19:00~21:00

1989年から2018年まで、JVCが毎年末に開催した「JVC国際協力コンサート」。その後に新たに結成されたボランティアによる合唱団「メサイア・フェスティバル・クワイヤ」により、今年もG.F.ヘンデル「メサイア」の公演が予定されています。

会場では、JVCへの募金も受け付けております。ぜひご参加ください。

日時 2021年10月 2日 (土) 15:00 (14:00開場)
2021年度の現役インターン2021年度の現役インターン

「国際協力NGO」といえば、海外現場がまずイメージされます。けれども日本に本部を置くNGOの活動は、多くの日本国内の方によって支えられており、東京事務所が重要な「現場」のひとつです。

JVC東京事務所では、スタッフの仕事を手伝いながら、NGOの視点や問題意識を学んでいただくことを目的とした、インターン制度を毎年実施しています。

これまでは、1年間のインターンのみ募集していましたが、今年は臨時で、2021年10月以降~2022年3月末までの期間の短期インターン生を募集することになりました。(短期インターン募集についての詳細は、こちらをご覧ください。)

そこで、現役インターンの話が聞ける募集説明会を開催します。

日時 2021年9月30日 (木) 20:00~21:00
連続セミナー用ハ゛ナー.jpeg

イスラエルの占領下にあるパレスチナ。パレスチナの人びとは、家屋破壊や土地収奪、畑や車両の損害など、日常的にイスラエルによる迫害を受け、抑圧下で暮らしています。また、政治や経済、日常的な移動など、あらゆる面でイスラエルによりコントロールされ、食料も輸入に頼らざるを得ません。

こうした状況のなか、パレスチナ農業開発センター(UAWC)は「食料主権」をかかげ、小農の権利や土地、水、種子を守るための地道な活動を続けています。パレスチナの人びとから見た「食料主権」とその重要性とはどのようなものでしょうか。占領下における小農の支援はどのような意味を持つのでしょうか。本セミナーでは、UAWCのメンバーに、主にシード・バンクやイスラエル管轄区域で土地や農業を守る具体的な活動について報告いただきながら、食料主権について、そして占領の問題について考えます。

また、2021年5月に起きたイスラエルによる11日間にわたる空爆により、ガザ地区では、66人の子どもを含む256人が命を落とし、約2,000人が負傷するとともに、建物やインフラに甚大な損害が生じました。UAWCが停戦後に実施した調査では、農業部門にも甚大な被害が出たことが明らかになっています。UAWCは、爆撃で住居を失った住民や避難者への食料支援にとどまらず、ガザ地区での農業生産の復旧支援も計画していいます。本セミナーでは、日本ではほとんど知られていないガザ地区の農業の現状についてもお話いただきます。

スピーカー】

  • フアッド・アブ・サイフ(パレスチナ農業開発センター 代表)※
  • ドゥアー・ザーイド(パレスチナ農業開発センター マネージャー)※
  • 大澤みずほ(日本国際ボランティアセンター パレスチナ事業担当)

※アラビア語・日本語の逐次通訳あり

プログラム(予定)

1)主催あいさつ

2)パレスチナについての基礎情報

3)メイントーク
・パレスチナにおける食料主権の重要性
・在来の種子を守る取り組みについて
・土地や農業を守る取り組みについて

4)ガザについて:
・2021年5月の爆撃の経緯
・緊急救援活動報告、農業の被害状況と中長期的な立て直しの計画など

5)質疑応答

日時 2021年9月28日 (火) 19:00~21:30
2021年度の現役インターン2021年度の現役インターン

「国際協力NGO」といえば、海外現場がまずイメージされます。けれども日本に本部を置くNGOの活動は、多くの日本国内の方によって支えられており、東京事務所が重要な「現場」のひとつです。

JVC東京事務所では、スタッフの仕事を手伝いながら、NGOの視点や問題意識を学んでいただくことを目的とした、インターン制度を毎年実施しています。

これまでは、1年間のインターンのみ募集していましたが、今年は臨時で、2021年10月以降~2022年3月末までの期間の短期インターン生を募集することになりました。(短期インターン募集についての詳細は、こちらをご覧ください。)

そこで、現役インターンの話が聞ける募集説明会を開催します。

日時 2021年9月22日 (水) 20:00~21:00
団体案内
JVCの取り組み
5ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-22-1 東鈴ビル4F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net