アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
調査研究・政策提言の活動

ビルマ/ミャンマーに関する取り組み

2021年6月16日 更新

JVCはビルマ/ミャンマー国内に拠点を置く形で活動を行っていませんが、昨年より、 他団体とともに企業と国軍のつながりを問う公開書簡を出すなど、主にビルマ/ミャンマー(国軍)と日本のつながりについての取り組みを行ってまいりました。

この背景には、JVCが2012年度からアドボカシー活動を実施してきた、 モザンビークにおける日本のODA「プロサバンナ事業」やインフラ・資源開発が一体となった官民連携による「ナカラ回廊開発」で見られる問題との「共通性」があります。モザンビークで確認されてきた、日本の援助が現地にもたらす被害とその背景にある構造や、「ビジネスと人権」の観点から見えてくる課題が、ミャンマーのそれと同様ということがあり、ミャンマーに関する活動を行ってきた団体とさまざまな場面で協働してきた経緯があります。

そうした経緯も踏まえて、2月1日にクーデターが起きて以来も、協働団体が出す声明に賛同する、イベントを共催する、あるいは日本政府や企業との協議の場にともに参加するなど、様々な取り組みを行ってきています。

JVCは決して中心的な役割を担っているわけではありませんが、ビルマ/ミャンマーの現状を踏まえ、以上の「協働」が現在のJVCにとって重要な活動の一つであると考えます。ついては、当面の間、ミャンマーに関連した動きについて、本ページで資料等や関連リンクを掲載することで、JVCとしてどのような動きに関わって情報共有するとともに、ビルマ/ミャンマーで生じている問題をより多くの人に知っていただく場にしていきたいと思います。

この国の呼称について:JVCが「ビルマ/ミャンマー」と呼ぶ理由
独立以来、国際的には英語名称の「ビルマ」(Burma)が国名として定着していましたが、1988年のクーデターにより権力を握った軍部が英語国名を「ミャンマー」(Myanmar)に変更しました。その後「民政移管」やNLD政権誕生という変化はあったものの、軍は強い権限を持ち続け、民主化という意味では限定的でした。そして今回の軍事クーデターが起きました。軍政に反対し民主的に選ばれた人々を支持する立場から、(軍が命名した)「ミャンマー」ではなく、「ビルマ」と呼び続ける意味があると考えます。
その一方で、「ミャンマー」の呼称が既に30年を経て定着しており、日本でも世代によっては「ビルマ」の名称に馴染みが薄い人が多い現状を考えれば、「ミャンマー」の名称を外すことも現実的ではありません。将来的にこの国が民主化され正当な政府が誕生した時に、国名として「ミャンマー」が採用されるかも知れません。また、ビルマ語において「ビルマ」と「ミャンマー」には前者が口語、後者が文語である以外に意味上の差異はないため、ビルマ語の国名は1948年の独立時からずっと「ミャンマー」(文語)だったということができます。そうした観点から、「ビルマ」の名称だけにこだわるのではなく「ミャンマー」と併記をしています。

最新掲載情報

更新日付情報
6/15 (火) #ミャンマー国軍の資金源を断て
人権侵害に加担しないで!
ミャンマーでのガス事業
経産省・JX石油開発・三菱商事前アクション
5/27 (木) #ミャンマー国軍の資金源を断て
「日本政府は Act Now!」官邸前アピール
5/19 (水) ビルマ/ミャンマーに関する取り組みをまとめた常設ページを公開
5/17 (月) 【決行】 #ミャンマー国軍の資金源を断て
ストップODA! ダイ・イン@外務省前
3/12 (金) 【共同要請書】日本の対ミャンマー公的資金における国軍ビジネスとの関連を早急に調査しクーデターを起こした国軍の資金源を断つよう求めます

これまでに関わった声明・要請書など

①【共同書簡】ミャンマー国軍とのつながりを持つ現地企業との提携解消を求め、キリンホールディングス株式会社に働きかけを行いました(2020.5.22)
②【共同要請書】ミャンマー軍に利益をもたらす可能性が高い日本政府及び日本企業が関与する事業に関する要請書(2020.2.17)
ヒューマンライツ・ウォッチ、メコン・ウォッチ、ヒューマンライツ・ナウ、Justice For Myanmarと共同で、ミャンマー軍に利益をもたらす可能性が高い日本政府及び日本企業が関与する事業(通称Y Complex)に関して、国連の「人権及び多国籍企業並びにその他の企業に関する作業部会」に対して調査を求める要請書を提出しました。( 日本語PDF英語PDF) ※Y Complexについて 参考サイト:
③【共同提言書】ミャンマー国軍によるクーデターと現在進行中の人権侵害に関して(2021.2.25)
ヒューマンライツ・ナウ、ヒューマンライツ・ウォッチ、市民社会スペース NGO アクションネットワーク、Justice for Myanmarと共同で、提言書「ミャンマー国軍によるクーデターと現在進行中の人権侵害に関して」を発表、外務大臣宛に提出しました。
④【共同要請書】日本の対ミャンマー公的資金における国軍ビジネスとの関連を早急に調査しクーデターを起こした国軍の資金源を断つよう求めます(2021.3.4)
深刻な状況の続いているミャンマー情勢を踏まえ、メコン・ウォッチとアーユス仏教国際協力ネットワークは要請書を発表し、関係省庁などに送付しました。JVCは、他の29団体と共に、この要請書に賛同しました。
⑤【共同要請書】ミャンマー国軍を利する日本政府の経済協力事業を直ちに停止するよう求めます(2021.4.1)
メコン・ウォッチとアーユス仏教国際協力ネットワークは要請書を発表し、関係省庁などに送付しました。JVCは、他の26団体と共に、この要請書に賛同しました。
⑥【共同声明】私たち日本の市民社会は、日本政府に対して、ミャンマー市民の人権を守るためのアクションを求めます(2021.4.2)
ヒューマンライツ・ナウが他9団体と共同声明を発表し、総理大臣宛に提出しました。JVCは、他の311団体・個人(うち団体169)と共に、この声明に賛同しました。
⑦ #ミャンマー国軍の資金源を断て ~日本の7政府機関・12企業に対する連続アクション(2021.4.13~19)
ミャンマーで2月1日に国軍によるクーデターが発生してから2ヶ月以上が経過しました。ミャンマー国軍の銃撃や空爆などで、すでに600名以上の死者を出し、2,800名以上を恣意的に拘束、少数民族地域で20,000人以上の避難民が出ています。

今、ミャンマー市民の声に応えて、日本の市民としてできることとして、ミャンマー国軍の資金源を着実に断つことがあります。

日本政府はクーデターへの「重大な懸念」を示し「多数の死傷者が発生し続けている状況を強く非難」しています。しかし、ミャンマーへの経済協力については、事態の推移等を注視しながら効果的な対応を検討という回答を繰り返し、明確な方針を示していません。また、日本企業の多くも日本政府と同様、今回のクーデターへの懸念を示したのみで、具体的な対応や自らの責任については何ら発言をしていない状況が続いています。

これを受けて、メコン・ウォッチ、国際環境NGO FoE Japan、武器取引反対ネットワーク(NAJAT)、アーユス仏教国際協力ネットワークの呼びかけ・協力のもと、日本の官民がミミャンマー国軍の資金源を断ち切ることで、国軍に加担せず、真の民政化を求めるミャンマー市民と共にあることを「行動」で示すよう強く求めるためのアクションとして、日本の7政府機関・12企業への要請・アピールを行ない、JVCもこの一部に参加しました。
⑧ ミャンマー国軍の資金源を断て~ミャンマーでの通信遮断=人権侵害をやめて! KDDI、住友商事前アクション(5月13日)
5月13日は、ミャンマーで携帯電話のデータ通信が常時遮断されてから60日目、そして、ワイヤレス・ブロードバンドサービスが常時遮断されてから42日目に当たります。固定回線によるインターネット接続が都市部のごく一部の層に限られているミャンマーで、現在も大多数の市民がインターネットに接続できない状況が続いています。

2月1日にミャンマー国軍によるクーデターが発生した後も、ミャンマーの市民はインターネットを介して国内外とのつながりを深めながら抗議の声を上げ、国際社会に対して現状を伝えてきました。その手段が奪われていることは、ミャンマー市民の表現の自由や知る権利といった 基本的人権が著しく侵害されていることに他なりません。

KDDIと住友商事は、2014年から国営のミャンマー郵電公社(MPT)と 共同で通信事業を行っています。両社はミャンマー国軍のクーデター以降、国軍の暴力を深く憂慮していること、また、自身のもつ人権方針に沿ってビジネスを行っていることを 表明しました。

しかし、自らの通信事業に関しては、国軍による 通信遮断命令にこれまで抗議の意思を示すことなく応じています。また、共同事業を行っているMPTが国営であり、事実上、ミャンマー国軍の統治下にあると考えられることから、事業を継続することで、国軍に手数料支払いなどの 収益が流れる可能性も指摘されています。

これに対し、メコン・ウォッチ、国際環境NGO FoE Japan、武器取引反対ネットワーク(NAJAT)、アーユス仏教国際協力ネットワークが呼びかけ団体となり、KDDIと住友商事が、民主主義と自由を求めて未来のために命をかけて闘っているミャンマー市民の声に応え、正常な通信の回復に向けた具体的な行動をとること、また、「ミャンマー国軍の資金源を着実に断つ」ための具体的な措置をとり、その対応について公に示すことを求めるアクションを行い、JVCもこれに参加しました。 
⑨ #ミャンマー国軍の資金源を断て ~ストップODA! ダイ・イン@外務省前(5月21日)
ミャンマーで2月1日に国軍によるクーデターが発生してから100日以上が経ちました。

クーデター後、国軍による常軌を逸した市民への暴力は依然続いており、これまでに788名もの罪のない市民が命を奪われ、現在も3,936名が恣意的に拘束されています(5月13日現在)。

一方、日本政府はこのような状況が続いても、自身が債務救済等で深く関与してきたミャンマーへの経済協力について、依然として明確な方針を示していません。「事態の推移を見守り、どのような対応が効果的か検討する」との回答を今日まで繰り返すばかりです。

これを受けて、JVCは呼びかけ人として、他団体とともに、殺害された人びとを追悼し、虐殺を止めるために国軍の資金源を断つよう求める「ダイ・イン」(※)を外務省前で行うとともに、新たに要請書を提出し、再度、国軍のビジネスと日本の経済協力関係を直ちに断ち切ることを日本政府に対し強く要請しました。当日は、雨が降っていましたが、在日ビルマ/ミャンマー人、日本の市民など約80名が参加しました。

(※)ダイ・イン(die-in) とは ―― 死者を模して横たわることで、命が奪われることに抗議の意思を表すアクションです。長年にわたり世界各地で、反戦や気候危機など様々なテーマで行われてきました。

雨の中約80名が参加、日本政府に国軍とのつながりを断つよう訴えました。雨の中約80名が参加、日本政府に国軍とのつながりを断つよう訴えました。
死者を模して横たわることで、命が奪われることに抗議の意思を表すアクション「ダイ・イン」を行いました。死者を模して横たわることで、命が奪われることに抗議の意思を表すアクション「ダイ・イン」を行いました。
<メディア掲載>
■しんぶん赤旗
"ミャンマー国軍の資金源断て"外務省前 市民が行動 「ODA停止を」雨の中アピール
⑩ #ミャンマー国軍の資金源を断て ~ 「日本政府は Act Now!」官邸前アピール(6月1日)
ミャンマーで2月1日に国軍によるクーデターが発生してから6月1日で4か月が経ちました。クーデター後、ミャンマー国軍の暴力は続き、すでに824名もの罪のない市民が命を奪われ、4,301名が不当に拘束されたままです(5月24日現在)。また、市民不服従運動(CDM)に参加した公務員の解雇も続き、最近では各地で教員が大量解雇されています。

一方、日本政府はこの4ヶ月、日本の援助がミャンマー国軍を利するのではないかと危惧する市民からの「政府開発援助(ODA)停止」を求める声に応えてきませんでした。日本政府は2011年のミャンマーにおける「民政化」プロセス以降、数千億円の債務救済をはじめ、ODAとして累積で1兆円を超える円借款と4,000億円以上の無償・技術協力資金を決め、ミャンマーに深く関与してきました。そして、多くの日本企業もその恩恵を受けてきました。

この状況に対し、JVCは呼びかけ人として、他団体とともに要請書(5月21日時点で30団体賛同。菅総理大臣も宛先に加え、現在も賛同募集中)を提出し、国軍のビジネスと日本の経済協力関係を直ちに断ち切ることを強く要請しました。またこれに合わせて、官邸前でアクションを行いました。当日は、在日ビルマミャンマー人、日本の市民など約50名が参加しました。

官邸前でのアクション官邸前でのアクション
代表の今井も参加。JVCの活動地の事例に触れながら「援助が現地の状況を悪化させることがある」として、日本政府に国軍とのつながりを断つよう訴えるスピーチを行いました。代表の今井も参加。JVCの活動地の事例に触れながら「援助が現地の状況を悪化させることがある」として、日本政府に国軍とのつながりを断つよう訴えるスピーチを行いました。
これらの様子の一部は以下のメディア等でも報じられました。

■日本テレビ
ミャンマー経済協力"見直しを"官邸前集会

■Myanmar Now
Japanese civil society protests business and development links on Myanmar coup anniversary
Twitter投稿
Facebook投稿

■Justice For Myanmar
要請文の英語版を掲載

共催イベントなど

①【ウェビナー】ミャンマー軍の国際人権・人道法違反と企業の責任を考える(2021.2.18)
※3か月限定公開

ヒューマンライツ・ウォッチ、メコン・ウォッチ、ヒューマンライツ・ナウとともに ウェビナーを共催しました。 この動画を、ヒューマンライツ・ナウが3か月限定で公開していますので、ぜひご視聴ください。 一部の報告資料のデータも掲載されています。

当日は、登壇者から、ミャンマーでのクーデタの背景、ロヒンギャ問題、そして軍と関連する日本企業の国連「ビジネスと人権に関する指導原則」に基づく責任について報告、多角的な視点を提示していただきました。

  • 登壇者:
    根本敬さん(上智大学総合グローバル学部教授)「クーデターの背景と目的を読む」
    村主道美さん(学習院大学法学部政治学科教授) 「ロヒンギャ問題にとってのクーデターの意味」
    笠井哲平(HRW) 「大手日本企業とミャンマーの軍系企業MEHLに関して」
    木口由香(メコン・ウォッチ) 「日本企業のヤンゴン都市開発と通信事業」
    佐藤暁子(HRN) 「国連ビジネスと人権に関する指導原則と企業の責任」
    ゾウミントゥさん(日本ビルマ・ロヒンギャ協会会長)「ロヒンギャの方々の現在の状況」
  • 司会進行:渡辺直子(JVC)

②【ウェビナー】ミャンマーの民主主義を守るために~日本の官民の責任~(2021.3.25)
※3カ月限定公開

ヒューマンライツ・ナウ、メコン・ウォッチ、ヒューマンライツ・ウォッチ、ビジネスと人権市民社会プラットフォームとともに ウェビナーを共催しました。 この動画を、ヒューマンライツ・ナウが3か月限定で公開していますので、ぜひご視聴ください。 一部の報告資料のデータも掲載されています。

ミャンマーの現状の説明やロヒンギャ問題の背景にとどまらず、日本政府や日本企業に求められる対応について登壇者から詳しくお話頂きました。日本ビルマ・ロヒンギャ協会会長のゾーミントゥさん、カチン族のアウンラーさんも参加頂きました。

  • 登壇者:
    根本敬さん(上智大学総合グローバル学部教授)「市民的不服従(CDM)の広がりと国軍の対応」
    細田満和子さん(星槎大学共生科学部教授)「ミャンマーとロヒンギャ~人々の生活と望み~」
    笠井哲平(HRW)「日本政府の対応について」
    黒柳英哲さん(リンクルージョン株式会社)「企業としての対応とジレンマ」
    佐藤暁子(HRN)「ビジネスと人権の観点から企業に求められること」
    ゾーミントゥさん(日本ビルマ・ロヒンギャ協会会長)・アウンラーさん「日本の社会に伝えたいこと」
  • 司会進行:渡辺直子(JVC)

③ 【ウェビナー】「ミャンマーのクーデター発生から4ヶ月 ~日本政府や企業に求められる対応とは~」(2021.6.1)

6月1日で、ミャンマーで国軍によるクーデターが発生した2月1日から4か月が経ちました。この間、事態は悪化の一途をたどり、死傷者も恣意的に拘束された人びとも増え続けています(それぞれ818名、4,296名。5月23日現在)。少数民族地域では、7万人以上が避難生活を強いられている状況と伝えられています。一方、日本政府はこの4ヶ月、日本の援助がミャンマー国軍を利するのではないかと危惧する市民からの「政府開発援助(ODA)停止」を求める声に応えてきませんでした。同様に、国軍とのつながりが疑われる日本企業によるビジネスも止まっていません。
本ウェビナーでは、これまでの日本政府の対応と問題点について、事例をもとに国連の「ビジネスと人権に関する指導原則」の観点から検証するとともに、その背景として「利権」の問題を取り上げました。また、悪化する現地の状況として「クーデター後の対立の構造」や少数民族をとりまく問題について報告がなされました。

     
  • 登壇者:
    「日本政府の対応と問題点」
    笠井哲平(Human Rights Watchアジア局プログラムオフィサー)
    「ビジネスと人権に関する指導原則」に基づく日本企業の責任」
    佐藤暁子(Human Rights Now 事務局次長 )
    「海外交通・都市開発事業支援機構(JOIN)のミャンマーでの事業の問題点」
    木口由香 (メコンウォッチ事務局長)
    「日本の政財界がしがみつくミャンマー利権」
    渡辺周 (Tokyo Investigative Newsroom Tansa編集長)
    「クーデター後のミャンマーにおける、対立の構造--誰が、誰と、どう戦うか。」
    村主道美 (学習院大学教授)
    "Myanmar Democracy & human rights including minority rights in the Future Federal Union of Myanmar"
    ゾーミントゥ (在日ビルマロヒンギャ協会会長)
  • 司会進行:渡辺直子(日本国際ボランティアセンター)

④【ウェビナー】「ビジネスと人権」と国際協力銀行(JBIC)の環境社会配慮(2020.12.1)

国際環境NGO FoE Japan、Fair Finance Guide Japan、メコン・ウォッチが主催するウェビナーに、ヒューマンライツ・ナウとともに協力し、 ウェビナーを開催しました。 当日の動画をメコン・ウォッチが公開していますので、ぜひご視聴ください。 当日発表に使われたデータも掲載されています。

国際金融に関わる 国際協力銀行(JBIC)は、日本の資源獲得や日本企業の海外投融資の促進を担う政策金融機関で、海外での多くの大規模開発に関わっています。JBICの一部の事業は未だ、市民への情報公開や現地の人権状況への配慮に、数々の問題点がみられます。

セミナーでは、JBICの関与する3つの事業を事例に、NGOから見た問題点を示し、現状のガイドラインの効果や限界、国連の「ビジネスと人権」指導原則を踏まえたガイドライン運用のあるべき姿等について議論しました。

この動画をご覧いただくと、日本の官民連携による援助と開発において、ビルマ・ミャンマーとJVCが活動をしてきたモザンビークで生じてきた問題に共通性があることがわかるかと思います。

  • 登壇者:
    はじめに「国際協力銀行(JBIC)とそのガイドラインとは」
    (メコン・ウォッチ/事務局長 木口由香)
    基調報告「ビジネスと人権指導原則導入の動向」
    (ヒューマンライツ・ナウ/事務局次長 佐藤暁子)
    事例報告1「ミャンマーのビジネスと国軍:ヤンゴンY Complex事業」
    (メコン・ウォッチ/事務局長 木口由香)
    事例報告2「インドネシア石炭火力案件における人権侵害と住民の苦情申立て」
    (FoE-Japan/委託研究員 波多江秀枝)
    事例報告3「モザンビーク・ナカラ回廊開発による環境社会影響」
    (日本国際ボランティアセンター/海外事業グループマネージャー 渡辺直子)
    考察「セーフガード政策の重要性と限界」
    (「環境・持続社会」研究センター/持続可能な開発と援助プログラムディレクター 田辺有輝)

参考:協働団体サイトなど

この活動への寄付を受け付けています!

月500円からのマンスリー募金で支援する

今、日本全国で約2,000人の方がマンスリー募金でご協力くださっています。月500円からの支援に、ぜひご参加ください。

郵便局から募金する

郵便局に備え付けの振込用紙をご利用ください。

口座番号: 00190-9-27495
加入者名: JVC東京事務所

※振込用紙の通信欄に、支援したい活動名や国名をお書きください(「カンボジアの支援」など)。
※手数料のご負担をお願いしております。

JVCは認定NPO法人です。ご寄付により控除を受けられます(1万円の募金で3,200円が還付されます)。所得税控除に加え、東京・神奈川の方は住民税の控除も。詳しくはこちらをご覧ください。

遺産/遺贈寄付も受け付けています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net