アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
  • HOME >
  • アフガンウォッチ
現地ブログ from アフガニスタン

アフガンウォッチ

アフガンウォッチは、アフガニスタンに関するニュースを集めているページです。治安の悪化にともない、2008年からJVCの日本人スタッフもジャララバードの事務所に駐在できない状況が続いていますが、日々ニュースを追ったり現地スタッフと連絡を取ったりしながら情報収集に力を入れています。

アフガニスタンの調査報告(Survey of the Afghan People )~女性編~

アフガニスタン事業担当 加藤 真希
2019年8月20日 更新

アフガニスタンの調査報告(Survey of the Afghan People)から、今回は『女性』の分野を抜粋翻訳し、以下まとめました。


「女性の教育への強い支持はあるものの、政治参加と労働に関する見解はさまざまです。」

タリバンが追放されて以来、アフガニスタンの女性たちの生活は大幅に向上しました。多くのアフガニスタン人(70%)は、女性が家の外で働くことを許されるべきであるという点に同意し、大多数(84%)は女性が教育において男性と同じ機会を持つべきであると答えています。2018年、アフガニスタンの女性が直面している最大の問題として回答者の半数近く(46%)が、「非識字」と「教育機会の欠如」を挙げました。バード(*追記:家族間紛争の補償として相手側の家族に娘を譲渡すること)とバダル(*追記:家族間の花嫁交換)という慣習に対する支持のレベルは低下し続けており、大統領以外のリーダー的ポジションに女性が就くことへの支持は微増しています。

JVC活動地の小学校に通う女の子たち。(調査報告書本文とは関係ありません)JVC活動地の小学校に通う女の子たち。(調査報告書本文とは関係ありません)

A Survey of the Afghan People

アフガニスタン事業担当 加藤 真希
2019年7月 3日 更新

アジア財団から、アフガニスタンの調査報告が発表されました。英語で300ページを超えるボリュームです。今回はJVCもナンガルハル州で実施している教育支援と関連も深い「教育」の部分を抜粋翻訳しました。非常に残念ながら、過去数年でこの分野でも、衰退が見られます。

***

2018年のアフガニスタン:これはアフガニスタンで毎年行われているアジア財団の14回目の世論調査で、治安、選挙、統治、経済、そして移住などの重要なテーマを中心に行われました。2004年以来112,000人以上のアフガン人が対面による世論調査を受け、今日までで最大のサンプル数となりました。この調査報告は時間経過に伴った社会的変化を示し、急速に変化を遂げているこの国で全34州のアフガン市民の人々が"認識している"復興と格差が見て取れます。



***

アフガニスタンの全34州アフガニスタンの全34州

カタールでのタリバンとアメリカとの和平協議

アフガニスタン事業担当 加藤 真希
2019年3月14日 更新

1月に6日間にわたりカタールで行われた米国とタリバンとの和平協議で、9.11直後からアフガニスタンへの介入が始まって18年目となる米軍の撤退についても話し合われています。最終合意に向けて、2月25日から協議が再開されました。以下に和平協議に関する記事をご紹介いたします。

アフガニスタン大統領選挙

アフガニスタン事業ボランティア 白川 麻子
2019年2月27日 更新

アフガニスタンでは、今年の7月にガニ現大統領の任期満了に伴う大統領選が行われます。選挙管理委員会は2月5日に候補者18人を発表しました。再選を狙うガニ大統領のほか、5年前の選挙で決選投票に残ったアブドラ行政長官(首相のようなポスト)などが立候補しています。昨年の下院選での不正や在留米軍削減の影響により当初の予定から3ヶ月延期された今回の大統領選挙、公正さや治安の確保など、選挙には様々な課題が残されています。

アフガニスタンでの深刻な干ばつ被害

アフガニスタン事業ボランティア 白川 麻子
2018年12月25日 更新

アフガニスタンでは今年、大規模な干ばつが発生しています。アフガニスタン政府や国連世界食糧計画(WFP)などが緊急支援を開始していますが、一部地域では避難を余儀なくされた人々もおります。栄養不良に陥る子どもたち、家財を売るなどして食料を確保する農家、避難キャンプでしのぐ人々など、被害は深刻です。

アフガニスタン難民の状況について

アフガニスタン事業ボランティア 白川 麻子
2018年12月13日 更新

長期化する紛争の中、これまで以上に世界中で多くの人々が難民となっています。UNHCRの発表では、難民が最も多く出ている国はシリア、アフガニスタン、南スーダンです。自国内で住む場所を追われた避難民の数はさらに多く、世界の難民・避難民は過去最悪の危機的な状況です。

難民受け入れ国では、彼らがより良い生活を営んでいくことができるよう模索を続けていますが、一方で様々な摩擦が生じているのも現実です。以下の記事では、他国に逃れたアフガン難民のニュースをご紹介します。

アフガニスタン下院総選挙

アフガニスタン事業ボランティア 白川 麻子
2018年11月20日 更新

アフガニスタンでは、治安の悪化のため実施が3年遅れていましたが、2018年10月20日に8年ぶりに総選挙が行われました。これにあわせて、反政府武装勢力タリバンやISによる投票所などを狙った攻撃が行われ、多くの死傷者が出ました。今回はこの総選挙に関する記事をご紹介します。

【アフガンの女性たち】
アフガンの女性たち④

アフガニスタン事業ボランティア 白川 麻子
2018年9月18日 更新

ついに最終回となってしまいました。前回の記事はこちらです。

今回はアフガニスタンのどのような方々の姿が見られるのでしょうか。最終回ということで我々も一層気合いを入れてウォッチしていきます!ぜひ最後まで一読ください。

【アフガンの女性たち】
アフガンの女性たち③

アフガニスタン事業ボランティア 白川 麻子
2018年8月30日 更新

前回更新したアフガンの女性たち②の続きです。時間が経ってしまいましたが今回も多くの女性たちの活躍をウォッチしていこうと思います。教育や活動だけでない、社会の第一線で活躍している女性の姿を是非ご覧ください。
話は変わりますが先日、アフガニスタン事業で新しいプロジェクトが始まりました。こちらも女性の活躍が期待されます。是非合わせてご覧ください!

アフガニスタンの市民による平和運動

アフガニスタン事業ボランティア 白川 麻子
2018年7月26日 更新

紛争が続くアフガニスタンですが、平和を渇望する市民の取り組みが各地から沸き起こっています。彼らの命を懸けた訴えは、様々な人々を巻き込み、平和活動の大きなうねりを引き起こしました。地方から起こったこれらの運動のいくつかをご紹介します。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net